もともと乾燥肌の体質でしたが、結婚して子供が生まれてからは、更に乾燥に悩まされていました。乾燥しているということで、ただでさえお化粧のノリも良くないのに、さらに顔全体がくすんだ印象になっていました。

 

恐らく、年齢以上に見られていたのではないかと思います。鏡に映る顔色の悪い自分の姿を見る度に、とても悲しい気持ちになっていました。特に目元の乾燥には悩まされました。クマがひどく、病人のようでした。

 

そんな私を救った、スキンケアをご紹介します。

乾燥肌の原因それは「何より子供が一番!」

特に入浴後、まず先に子供のお世話をしていると、自分のことは後回しになっていました。これが最大の原因であることは確かです。

 

裸で走り回る子供たちを追いかけてようやく寝間着を着せ、水分補給をさせている間に、ようやく自分のスキンケアにあたれるといった毎日でした。

 

「あぁどんどん乾燥していく……」と思いながら、子供のお世話をしていました。

 

なので、入浴後のスキンケアで最初にのせる化粧水は、肌にぎゅんぎゅん浸透していくのがわかるくらいでした。

 

あとは、無意識のうちに、自分のことをないがしろにしていた部分があったかもしれません。もしかしたら、ちょっと頑張れば自分のスキンケアに時間を費やすこともできたかもしれません。でも、自分の中で本能的に「何より子供が一番!」という意識があったんだと思います。

化粧のノリが良くなない・・・現実と理想のギャップが辛かった

化粧のノリが良くなかったことです。というより、悪かったです。

 

それは顔全体のくすみ、ひいては私自身のイメージにも影響していたと思います。それは実年齢より老けて見られたり、疲れて見られたりしていたと思います。

 

何より、自分自身が鏡を見て、その現状に悲しくなりました。あまりにも酷い姿に辛くなって、泣いてしまったこともあります。

 

これはおそらく、育児疲れも手伝ったことだとは思いますが……。

 

「周りからはどんな風に思われているんだあろう」と、周囲の目を気にするようにもなりました。自分が「母親」である前に「女性」であることを望んでいるものの、そうなるための行動を起こせないという現実と理想のギャップが辛かったです。

子供が小さいので簡単なスキンケア

とりあえずは、朝の洗顔後と夜の入浴後に、簡単なスキンケアを続けていました。特別なことはせず、化粧水・美容液・乳液・クリームを順番にパパパッと塗るだけでした。

 

それは産前と変わらない手順でした。ただ、順番が合っているのかどうか、いつも疑問ではありました。そしてやはり、子供が小さいので、特にこれといったことはできませんでした。

 

その現状に、やはりイライラしたり、悲しくなったりもしました。強いて言うなら、「高保湿」をうたった商品を使うようにしていたくらいです。それでも体感としては、その保湿化粧品は深部までは及ばず、表面だけを保湿しているといったような感じでした。

この化粧品を使って

やはり、保湿されることによって、化粧のノリが良くなったことです。

 

たったそれだけですが、「自分をもっと大事にしたい。もっときれいでありたい。」と思うようになりました。化粧のノリが良くなったことで、それだけで何となく気分もあがりますし、次回のスキンケアも楽しく頑張ろうという気持ちになります。

 

「明日はもっときれいになれるかな」と、明日が来ることを楽しみに待てるようになりました。そして、自分をもっと労わりたい、もっと自分を磨きたいと思うようになりましたし、自分に少し自信もつきました。

 

つまりは、1日を良い気分で過ごせるようになりました。小さい娘も、スキンケアをする私の様子を見て、将来的に娘自身も自分を大事にしてくれればと思います。

私を変えた【coyori】

 

 

ずばり、お値段です。一本当たりのコスパを重視しました。それは、一般的にはそんなに高いものではないと思いますが、主婦のお財布には少々お高く思われます。

 

毎日ばしゃばしゃ使うものだから、あまり高いものは買えません。次に、その商品が気に入った場合、その後も使い続けるために、簡単に購入できるかどうかも重要でした。その商品は多くのショッピングモールに出店するお店で購入できる点も良いところです。

 

気が付いた時に購入してストックしておけて便利です。あとは、クチコミがとても参考になりました。どのクチコミを見ても、良い評価ばかりだったので、物は試し!ということでまずは1本、トライアルセットを購入してみました。

 

 

ますは【coyori】トライアル試してみて!

スキンケア商品展開の中に、小容量のものもあるので、とにかく試してみて!

 

子供が生まれても、日々育児に追われても、母である前に女性として綺麗でありたいと思いうことは、決して悪いことではないと思います。

 

なりたい自分、自分がやりたいことを諦める必要はないです。いわゆる「女子力」は常に向上・上昇すべきだと思います。お母さんが笑顔なら、子供も笑顔になるということを、子供が生まれてから実感しました。

 

子供が笑顔になるためには、まずはお母さんが笑顔にならないといけないのです。少し大げさにはなりますが、そのスキンケア【coyori】に関して、そのような旨で良さをお伝えしたいです。