昔から、お肌のシミ、くすみ、肝斑で悩んでいました。

 

53歳になりますが、年を追うごとに、鏡を見る度にがっかりしていました。

 

また、同年代の芸能人や、ママ友でお肌がきれいな人に合うと自分を比べ、すごく落ち込んでしまって、どうにかしたいと思ったからです。

 

結構切羽詰まっていました。ですが、一般的なサラリーマン家庭の主婦なので、そんなにお金はかけられません。

 

自分への美容に対する投資なんて、独身時代とは違って、金額は限られてきます。美容皮膚科で、レーザーを当てたり、高級なエステに行くなど、とてもすることは出来ません。

 

したかったけれど…。

 

そんな中で、50代の私がハイドロキノンという成分の化粧品を使うようになって、私の肌が変わった体験談をご紹介します。

シミそばかすの原因は遺伝的な要素

生まれつきというか、小さなときからそばかすがありました。母がシミそばかすがすごいので、肌の遺伝の要素も大きいと思います。

 

母の顔を見る度に、自分も年を取ったらこんな肌になるのかなあとがっかりすることが多かったです。

 

また、子育てで手忙しい時は、子供を寝かしつけるときに疲れ切って一緒に眠ってしまったりして、化粧を落とさずに一日を終えることもあったり、子どもを追いかけて日焼け止めもせず外に出たりしていたのがよくなかったと思います。

 

それと、睡眠不足もあると思いますし、夢をよく見るので、睡眠が浅く、睡眠の質もよくないです。すごくよく寝た次の日は、なんとなく肌に張りがある気がしますし、化粧のノリが良く、そうなると気分まで上がります。

肌が汚いと・・実年齢よりも老けて見える

実年齢よりも老けて見えるのもですが、肌が汚いと清潔感がなく汚らしく見えることが一番嫌でした。

 

また、雑誌などに載っている新商品のファンデーションを試しても、モデルの芸能人のような、宣伝のうたい文句のようにならずに、自分の肌が汚いせいだと、もう何を試しても、もともとの肌が汚いからダメなんだと、いつも思っていました。

 

やはり、50代になっても、肌がきれいだと、女性は自信がつくとみます。

ハイドロキノンとビタミンC配合の化粧品をいろいろ試した

美容関係の本を読み漁ったり、ネットで調べたり、ネットの掲示板に美白によかったものは何かと書き込んだり、2ちゃんねるの美容板を読んだりしました。

 

特に、@コスメというサイトが気に入って、暇を見ては、そこで口コミの良いもの、良く売れている商品の情報を仕入れました。

 

実際に使った方たちの声は読んでいるだけでとても面白く、美白に良いと言われている成分は数々あれど、王道は、ハイドロキノンとビタミンC ということがわかりました。

 

その成分が入っているローション、美容液、クリームは、実際、安いものからそこそこお高いもの、国内外いろいろと試しました。

ハイドロキノン配合の化粧品で毎日面倒がらずケアの実践

紫外線に気を付ける、そして面倒がらずに毎日のケアの継続が大切なので、夜は眠くても、朝は忙しくても頑張ってお手入れをすること、それを実践しました。

 

それに、ビタミンCやハイドロキノンをつけると乾燥することがあるので、同時に保湿もするようにしました。

 

また、外側からだけではなく、ビタミンCの錠剤をのむようにしました。そして、ビタミンCをイオン導入できる機械を買い、毎日とまではいかなくとも頑張って出来るだけするようにしました。

 

結果、すごく肌の状態もよく美容に詳しくなり、ママ友からは、講演会を開いたらいいんじゃないの?と冷やかされたりもしました。

ハイドロキノン配合の基礎化粧品の危険性

海外では、ハイドロキノンは一般的で、普通の薬局にも置いてあるそうです。ですが日本は薬事法が厳しく、ハイドロキノン入りとか書いてあっても、本当に少ししか入っていないものが多いようです。

 

高須クリニックの高須院長も、ハイドロキノンは効き目はすごいけど劇薬で、使い方を間違うと逆にしみが増えたりして大変なことになるので、素人はむやみやたらに手を出さないほうが良いと言っていました。

 

実際、ネット通販で、海外から格安でハイドロキノン入りクリームを手に入れることができますが、自己責任といえど、いざ使用するとなると怖くて出来ません。

 

ですので、ちゃんとした医師が作っているドクターコスメで、安定性ハイドロキノン入りの化粧品を探して購入しました。

 

お試しセットを実際に買い、使用してみて、自分の肌に合うということ、トラブルなく長く使用できること、そして、一般的な50代の主婦の私でも継続して買える価格帯ということなどを総合的に考えて、基礎化粧品を選びました。

 

私が選んだ、ハイドロキノン配合の基礎化粧品。

 

もちろん、ネットでの口コミもチェックしました。使用感も大切です。私は喘息持ちなので、匂いが強いと喘息の発作が出るような感じになり、咳こんでしまいます。特に、人工的なにおいがついているものは本当にダメで、医者からも禁じられています。

 

特に海外のものは、香水のような匂いが強いものが多いです。日本製でも、日本酒が原料のものも、とってもにおいが強いです。なので、無香料ということも私には大きなポイントです。

諦めないで継続は力なり

ビタミンCやハイドロキノン配合の化粧品を使ってもすぐには結果は出ないと思います。

 

逆に、即効性のあるスキンケア製品は、危ないでしょう。継続は力なりと言いますが、お肌にもそれが当てはまると思います。

 

継続することにより、絶対に今以上にはきれいにはなれるから、あきらめないで続けることが大切と言います。

 

今は大して変わらなくとも、5年後の自分、10年後の自分の肌がきれいでいられことを想像して、お手入れに励もうねって。

 

老化は、止めることは出来ないけど、努力で遅らせることはできると何かの本で読んだことがありまが・・・。