子供の歯磨きを毎日きちんとやっているのに、虫歯になってしまったらとてもショックですよね。

嫌がったり、動き回る子どもを押さえつけて頑張って仕上げ磨きまでしているのに、何だか否定されたような気分になります。でもその虫歯、もしかしたら歯みがき粉で解決できるかもしれません。

 

毎日の歯磨きでしっかり虫歯予防までできる効果が期待できそうな子供の歯みがき粉の特徴や、ポイントについてリサーチしてきました。

虫歯放置は厳禁!

もしも虫歯になってしまい、放置しておくとどんな影響があるのでしょうか。歯医者に行くのを嫌がる子どもの悲痛な表情は見ていられませんが、虫歯になるともっと大変なことになります。

 

それでも子供は歯が生え変わるから大丈夫と思っていませんか?

乳歯は虫歯になりやすい

乳歯は永久歯に比べると虫歯になりやすいです。その原因は、歯の強度の違いからです。

 

乳歯の厚さは永久歯の半分ほどで柔らかいため、ミュータンスという虫歯菌が浸透しやすい構造になっています。そのためひとたび虫歯になると、より早く神経まで達してしまいます。

 

さらに乳歯の場合は奥歯の溝が細くて入りこんでいるため、餌となる食べかすなどがつまりやすいのにブラッシングは行き届きにくいなどの構造上の問題もあります。

乳歯は抜けるから問題ない?

乳歯はいずれ抜けて永久歯に生え変わります。なので虫歯になってしまっても抜けるから問題ないと考えている人もいるようですが、それは大変な誤解です。

 

虫歯は歯の感染症ともいい、一度定着してしまったミュータンスは口の中のあちこちに増殖し、他の部分にも伝染します。早めに根治しておかないと、どんどん広がっていくのが虫歯の怖いところです。

歯並びにも影響大

さらに問題なのは、歯並びにも影響が出る心配があります。

 

子供のように歯が生え変わりる場合、進行した虫歯に対して止むなく抜歯する処置をとるときがあります。その際に、両側にある歯の向きが変化すると新しく生える歯が伸びるスペースがなくなったり、またゆがんで生えてきたりと歯並びに影響が出ます。

 

歯並びが悪いと磨き残しも多くなり、虫歯になりやすい環境を作り出してしまうという悪循環になります。

毎日の歯磨きにプラスアルファで歯みがき粉に注目してみましょう

子供の大切な歯を虫歯にしたくないと、多くのお母さんが日々考え実行しています。でも実際に子供の仕上げ磨きは思った以上に大変で、落ち着きなく動き回ったりと一筋縄ではいきません。

 

そんな時には歯みがき粉の力を少し借りてみましょう。歯みがき粉には虫歯予防の成分が含まれており、毎日のケアをより効率的にサポートしてくれる強い味方になってくれます。

 

そんな子供の歯みがき粉選びにチェックしておきたいポイントは以下の3つです。

★虫歯予防の成分としてどんなものが入っているか
★それぞれの成分の詳しい特徴とは
★添加物の有無

歯みがき粉徹底解説、虫歯を防ぐ成分に注目!

子供の歯みがき粉にも、実はまだ知らなかった秘密があるようです。

虫歯予防成分には何がある?

虫歯予防に期待のできる成分にはいくつかありますが、代表的なものがフッ素です。実際多くの歯科医でもフッ素配合歯磨きを推奨し、治療メニューの中にフッ素の塗布を行っている医院もあります。

 

他には緑茶に含まれるカテキンにも同様の効果が期待できるとして、今注目を集めています。

 

さらに最近では、グリス菌という生き物の力を借りるという方法もあるようです。

どんな風に働くの?

虫歯予防の代表格といえばフッ素で、もはや共通の認識として浸透しています。実際に歯みがき粉を選ぶときに、フッ素配合という点を重視している人も多いのではないでしょうか。

 

確かにフッ素をコーティングすることで菌の餌になる食べかすや歯垢がつきにくくなることが実証され、虫歯予防にも一定の作用が見られました。

 

しかしフッ素は大量摂取すると、ごくまれに中毒の様な副作用が起こる可能性があります。その点を心配して、より天然に近いカテキンにシフトする動きもあるようです。カテキンにもまた同様の働きが見られ、さらに口内を清潔にするとも期待されています。

 

そして他には、ブリス菌という生物が最近発見されました。ブリス菌はブリスM18と呼ばれる善玉菌で、ミュータンスの餌になる菌や物質を取り除いてくれます。この菌は大変小さいので、従来ブラシが届きにくかった奥歯の溝などにも浸透しやすく、虫歯菌の侵入を未然に防ぐ効能に期待が持たれています。

口コミで話題の虫歯菌除去用成分配合の子供用歯磨き粉『ブリアン』

添加物について

毎日口にする歯みがき粉だからこそ、添加物の有無についても気になるところです。

 

市販の歯みがき粉を見てみると、そのほとんどに合成化合物が配合されています。その理由は、広く安定的に供給するためには大量生産が必要になってくるからです。生産工場から遠い場所もあれば、高温多湿な気候の場所でも販売しなければなりません。そのような条件でも店頭に置くことを考えたら防腐剤などの使用もやむを得ないでしょう。

 

もちろん歯みがき粉に配合されている程度の量であれば健康上には問題がないとされていますが、アレルギーがあるなど心配な時はチェックしてみてもいいですね。

月齢や本人の個性に応じたオーラルケア用品を選びましょう

年齢ごとに口腔ケアの方法は少しずつ違ってきますので、特徴を掴んでうまくやっていきましょう。

乳歯の生え始め~2歳ごろまで

この時期はまだ仕上げ磨きをするのが厳しい場合もあります。体を固定されることを嫌がる子は多く、歯磨きそのものもそんなに好きではない時期です。子供による個人差も大きく、歯ブラシにそれほど抵抗のない子がいる一方で、物を口に入れられることに苦手意識を持つ子もいます。

 

ですがこの時期のケアこそ肝心です。歯ブラシを嫌がる時は、ウェットティッシュタイプになっているものがおすすめです。清潔にした利き手の人差し指にまきつけ、子供の口の中にそっと差し入れ歯を優しく拭いていきます。寝転がるのを嫌がる場合でも、立ったり座ったりした状態でも簡単にできます。

2歳ごろ~6歳くらいまで

乳歯が盛んに生まれ、生えそろう時期です。この頃には幼稚園や保育園に通っている子が多く歯磨きの指導も行われますので、歯ブラシに対して少しずつ親しみがわいてくるでしょう。しかし1人で磨けるようになるにはまだまだなので仕上げ磨きは必須です。早い子では5歳くらいで乳歯が抜ける子も出てきますがこの段階で虫歯を食い止めましょう。

 

またうがいをうまくできない子もまだいます。磨いた後のぶくぶくうがいは食べかすなどを洗い流しますが、歯みがき粉の中にはすすぎが必要のないものもあるので、ぶくぶくぺっの練習と併行して使うと便利です。

小学校入学時~永久歯の生えそろうまで

小学校に入学すると定期的に歯科検診もあり、歯磨きの指導もより一層強化されます。しかし一方で、いろんなものを食べるようになります。給食の量や種類も増え、時には甘い乳飲料や果物、プリンといったデザートなども出ます。

 

虫歯を心配するお母さんの中には、甘い物を著しく制限する人もいますが、小学生になり友達と遊ぶ機会が増えると、これまでのように躾だけでいかないケースも増えます。みんながおやつを食べているのに自分だけ食べないというわけにはいかず、しかも今まで厳しく管理していたお母さんの目はもうそこにありません。

 

もちろん甘い物を食べてもしっかり歯磨きをしていれば、虫歯へのリスクは十分に減らすことができます。仕上げのブラッシングの感触と口の中のスッキリ感を覚えさせ、学年が上がるにつれて正しいブラッシングができることを目標にします。

 

デンタルケアのタイミングには、早すぎることはありません

歯は一生涯に渡って使うもので、物を食べるためにかみ砕く、生命維持にとっては大変重要な組織です。入れ歯が手放せなくなった老齢の人はみな口を揃えて、もう一度自分の歯で噛みしめたいというくらいです。

 

また食べるだけではなく、力仕事やスポーツなど体を動かすときにバランスを取る大切な役割を果たします。そんな大切な場所だからこそ、子供のうちから大事にすることを覚えさせる必要があります。一度虫歯に罹ると治療しかなくなるので、とにかく虫歯にさせないことが大切で、少しでも早いうちから取り組みます。

 

子供の大切な歯を虫歯にさせないためには日ごろのケア、さらにパフォーマンスアップさせるような子供の歯みがき粉を使うと、効果が期待できそうですね。

口コミで話題の虫歯菌除去用成分配合の子供用歯磨き粉『ブリアン』